20190615

[Pumps / Women's] Online store に入荷しました。


Pumps / Women's

black
camel

新しく、2019年の春夏アイテムです。
お取り扱いいただいているショップ様には先にお届けしておりましたが、
ようやく DELMONACO の Online store にもご用意、揃いました。
相変わらず、、、一足一足しっかりとじっくりとお作りしているので遅くなりました、
と言い訳しつつ、ご用意、数多くはないのですが、
良い靴に仕上がったので、是非お試しいただきたいです。

Pumps / Women's

実は先に、DELMONACOでは、メンズのパンプスをお作りしていて、
女性の方から、お求めのお声を頂くことが多く、
それでは!と女性の為にも作ってしまいました。
しまいました。っていうとちょっとあれですけども、
「男性の為に作ったパンプスを女性の為に作った靴」
なんだかややこしいですね。
でもそれが、良い存在感のある、とても魅力的な靴になりました。

なぜか矢鱈と性別を大切にしているDELMONACO。
メンズのパンプスとウィメンズのパンプス、
デザインは同じですが、それぞれの性別で美しくもかっこよくと、
イチから考え直し、ラストとディティールが同じではありません。
ユニセックスにすればいいかもなところ、
変態的なこだわりをどうぞ、お楽しみください。


 



上質な素材とレザーのソールで、おでかけの気分が上がります。

black はカジュアルに合わせてもカッチリと上品に。
勿論フォーマルやモードな方面にもハマります。

camelはすみません、画像がないのですが、
甘くない辛口なcamelなので、モノトーンやヌードカラーな装いに合わせるとカッコよく。
ピンクやブルーとも好相性だったりと、色合わせが楽しいです。


 
 

 
 
 
 
 
素材のことや、サイズ感のことなど、
Online storeでご紹介しておりますのでご覧くださいませ。
 
 
 
 
 
いつもはだいたい黒派な私ですが、
このキャメルにはグッときます。
どちらのお色も捨てがたく、、、。
悩んでいる次第です。





20190604

ひみつの履き心地

 
 
 こんにちは、削る男です。
 
今回はV-pumpsのこと、そのラストのことを書きたいと思います。
 
 
 
V-pumpsは大人の女性の方に、お仕事から普段使いまで幅広く履いて頂きたいという思いで作りました。
 
この靴の原型はヴィンテージの木型をもとに作っているのですが、そうした理由はトウフォルムの美しさです。美しいにもいろいろとあると思うのですが、このラストのトウフォルムには普遍的な美しさを感じています。
 
 
 
 
 
 

このラストから全てが始まりました、懐かしいです。

 

 
元は大きなしっかりしたヒールでした。
 


 
綺麗なラインですが決して痩せていない、逆に量感があるところに惹かれます。
 
 
 
 
流行がすごいスピードで進んでいく女性のファッションを支える靴を作るには、普遍的な美しさを感じるトウフォルムが必要だと私は思っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DELMONACOはもともとフルオーダー、パターンオーダーの靴作りを仕事にしていたのですが、現在は既成靴のみを展開しています。
 
既成靴にシフトした理由はより沢山の方々に私たちの作った靴を履いて頂き、楽しんでもらいたいから。しかしシフトした直後は以前と違う量産の靴作りに戸惑い、悩む時期が続きました。
 
既成靴を作り始めた当初は納めさせて頂いたショップ様、お客様からの評価が私達が思っていたものではなく、何かが足りていないことだけは分かっていたのですが何が足りていないのかはなかなか分かりませんでした。ありがたいことに色々なご意見、改良の機会を頂くことができたので、お客様に満足いただける靴にするため試行錯誤を繰り返した結果、それは靴作りの基礎、ラスト(靴型)にあると確信しました。それに自分たちの思いを混ぜ合わせながら改良を重ね、今では履き心地とトウフォルムの雰囲気などを気に入っていただき、色違いでご購入いただけるデザインになりました。
 
オーダーの時はずっと履いて頂ける靴をお作りさせて頂きたい思っていたのですが、欲張りですが今の私はそれプラス、買いなおしてでも履きたいと思って頂ける靴を生み出すことが目標なので、色違いで続けてご購入いただけることは、少しそういった靴作りができているのかなと思い、とても嬉しく思っています。
 

 

次にどういう点に改良を加えたかお話しします。まずはV-pumpsのVのカットラインを美しく見せること。パンプスだとラウンドのカットラインの方がフィッティング、作業的にも負荷がかかりにくいので、そうする選択肢もあったのですが、大人の女性に履いて頂く靴にしたい、足元から美しさの要素を出したいと思っていたので、カットラインはまずはVを選択しました。ただそうすることで足に干渉する度合いが強くなり、そこでの問題を解消するために、ラストのフォルムには影響が出ないように足あたりが良くなるように、ラストに革を張り付け部分的に容量を出しました。





ちょうどラインが骨と当たるポイントに容量を持たすことでかかる圧を軽減します。



足の骨格、筋肉は内側に膨らんでいるのでそれと同じように、足なりにチャージします。


こうすることでトウフォルムを保ちつつ足入れフィッティングが改善されます。



もともとはVのカットラインが足に当たる圧を軽減するために施した改良なのですが、結果的に足の内側に容量を持たすことになり、やや足幅のあるお客様でも気持ちよく履いて頂くことができるようになりました。







次にヒールのフィッティングを上げることに取り掛かりました。

足幅に容量を持たせることでよりカカトが動きやすくなっていたので、ラストのヒール部分、足でいうアキレス腱のあたりを重点的に削り上げました。

プレーンパンプスですと甲を覆う革がないので、ヒールのフィッティングが生命線になるのですが、もっとも痛みを伴いやすい部分でもあるのでヒールをどこまでしぼったら良いのか、試行錯誤の連続でした。

ヒールのフィッティングを上げるには、ヒールの履き口にクッションを入れたり、そもそもヒール部分に芯を入れず革をぺらっとした状態にしておくなど、色々と方法があるのですが、オーソドックスに作られたパンプスが最もスタイリングを引き上げる靴になると思ったので現在の仕様を選びました。





 
 
 
ヒールを削り上げたので文字が消えていますが....。
 V-pumps達に使っているラストの名前はBALLERINAバレリーナといいます。何気なくつけたのですが、今はとても気に入っている名前です。
 
 
 
 
 
 
 

現在使用しているラストは変質を防ぐために材質をプラスチックに変更しています。
白い部分は革、部分的に容量を増やしています。

ずっと使い続けているのでVのラインの跡がついていました。




 そして


 
 
靴になるとこうなります。
しっかりしていて美しい、を目指して仕立てています。
 
 
 
 
 
 
今回の削る男のリポートは以上になります。こんな感じの文章になりますが、また革のことやデザインのことも書こうと思います。
 
 



■DELMONACO HP
http://delmonaco.jp/

■Online store
http://delmonaco.shop-pro.jp/



20190523

削る男と縫う女

履き心地が良いと、いつの季節も人気者のV-pumps。
 
履き心地が良い秘密は、秘密でもないのですが、
このオリジナルのラストなのだと思います。
 
 
改良に改良を重ねたV-pumps
はじめの試作では、見た目の美しさを追求するあまりに足に無理のある履き心地でした。
それをあーでもないこーでもないと試作を続け。
ラストを削る男とアッパーを縫う女による靴作りの終わりなき旅でした。
もっとこうしてほしい、あーしてほしい、それは嫌だ、これがいい、上質な革がいい、でも買いやすくないと嫌だ、美しくしてほしい!お腹がすいた!履き心地が足りない!カカトをこうしてさあ!なんやねん!もっと良い靴をー!オラオラオラオラアァァ!と、ラストを削る男と縫製をする女のこだわりの言い合い、ワガママの言い合い殴り合いから生まれたのがV-pumpsです。殴り合いというのは少し話しを盛っていますが。でもそれくらいに気持ちを練り込んだ、最終的に贅沢な一足となったのでした。
 
シンプルなだけではなく、
歩く姿勢、その佇まいが綺麗な、履いた姿が綺麗な一足だと思います。
 
だから、履き心地に喜んでいただけると、
めちゃくちゃ嬉しいです。

 


今回はその良い履き心地のワケ、
ラストについて具体的にお伝えするつもりだったのですが、
縫製する女にはそれをお伝えすることができず、
次回、ラストを削る男にお願いしよう(押し付けよう、そうしよう、はじめからそうすればよかった)と思います。

 


少し前に新しくネイビーが仲間入り!しての4色展開です。

ワガママは言い尽くしました。
歩き心地よく、気分よく、
お出かけの時に無意識にこれを選んでいる私がいます。




■DELMONACO HP
http://delmonaco.jp/

■Online store
http://delmonaco.shop-pro.jp/