20210726

ツンデレであれ。。。

 


「うーん、なんか違うかも、やっぱりこの方がいい、絶対この方がエモい、いや、それは今じゃない、ていうかエモいって何?」みたいなやり取りが新しいデザインを作る時には必ずあって、女性用のローファーで最後まで頭を悩まさせられたのがベロの形。最終的に角を丸く落としたものを採用したのですが、直前まで角張ったベロとどちらにするか決めあぐねていました。





角ばったベロ





角を丸く落としたベロ。最終形。




















パンツやスカートに隠れてしまえば見えないような部分ではあるけど、極力装飾を入れずにシンプルに仕上げたいと思っていたこのローファーにとってはベロの形はその靴の性質を全て決めてしまうくらい大切なものでした。なんだろう、ワンレンと前髪パッツンくらい印象が変わる感じでしょうか。。。








履いていくうちに柔らかな皺が入ります。






ブログを書いていて思い出したのですが、もう何年も前の紳士のドレスシューズだけを作っていた時に、何故か集中的にこのタイプのローファーを作ることになり、その時に参考にしたのが、アンディ・ウォーホールがモデル名になっているローファーでした。あとフィレンツェの靴職人の靴にも同じようなデザインがあって、いい靴だなー、と思って勉強したことを思い出しました。




自分が惹かれる靴は色々とあるのですが、どこか柔らかさが感じられるということが重要だと思っていて、その雰囲気をどう持たせるかをよく考えます。最近思うことは柔らかさを出そうと思うと、硬さを持たせる必要があるのかなということ。柔らかなものの中にある柔らかさはそれを感じることが難しいですが、硬いものの中にあればその柔らかさはとても良く分かります。文章が分かりにくくてスイマセン。。人の感じで例えるなら、誰にでもニコニコ優しく接してくれる人も素敵ですが、不愛想でちょっと近寄りがたいけれど、話してみるとやっぱり無口だったけれど、ごく稀に見せる笑顔が素敵みたいな人がとても魅力的に感じます。このローファーはそういった靴に仕上がったような気がしています。ベロは丸いですが、、、どうぞお試しください。


20210603

ロングウィングなバックベルト









新作のロングウイングバックベルトです。画像は製品化の前に諸々のバランスを確認するためにずっと履いていた試作の靴。左右配色が違うのは1度に2パターン確認したかったから。。。











試作だとベルトは大分クタッとなりました。これはこれでいいけどもっとメダリオン(つま先の穴飾り)に張り合ってほしかったから、ライニングの革をヴァンプ、中敷きに使っている極厚のシュリンクレザーに変更しました。










配色やテクスチャーはスタイリングをイメージしてバランスをとったりは全然していなくて、どんな風に合わせるかは履いてからのお楽しみ、みたいになればいいなと思ってほとんど直観だけで作りました。










このデザインは名前の通り、ロングウイングチップをベースにしていて(アメリカの紳士靴の大好きなデザイン)、靴全体に穴飾りをちりばめるフルブローグ特有の魅力を少し違った形で表現できたらと思って、あえて踵が見えて涼し気なバックベルトに転用しています。







仕事でも最近ずっとこればっかり履いていました。
靴型を使って、ある程度足なりに作る靴の場合、踵のつかみ方は物凄く苦心する部分なんですが、このデザインだとピンポイントで肝心かなめの部分にフィットすることができるので、楽なのに脱げないという不思議現象が起きます。すごくずるいデザインだと思いました。






楽なのに、、、




脱げない、、、




black×purple



メダリオンの裏打ちとベルトを紫に、甲と中敷きにシュリンクレザーを。
好きや!!ってなるか、いやちょっとこれは、、、ってなるコンビネーションかなと思います。この紫は日本の伝統色の本紫を目指して作ってもらったヌメ革です。とても奇麗な色。






camel×purple




メダリオンの裏打ちとベルトを紫に、甲と中敷きにキャメルのシュリンクレザーを。ボトムの革の部分もそれにリンクしています。
好きです!!ってなるか、アリエナイ、、、ってなるかどっちかなコンビネーションだと思います。3つの中では1番クレイジーでしょうか。。。

あと、完成形ではベルトはクタッとなりません。。






black×black











ベルト、中敷きにシュリンクレザー、それ以外を黒のスムースレザーにしたもの。スムース部分がドレス的であること、黒で統一していることで、よりベルト、中敷きのシュリンクレザーのテクスチャーが映えます。










ヒール内側には釘を3本打ち込んでいます。多分履き手しか分からない。。










奇麗だったり、アメリカンだったり、日本の色だったり、ワイルドだったり、ハンドメイドだったりな靴に仕上がりました。


どうぞお楽しみください。










20210405

DELMONACO ONESTRAPSHOES

 


DELMONACOのワンストラップシューズをこの度再販することが決まりましたので、少しブログでお知らせさせていただきます。

私がちょうど30歳くらいの時にDELMONACOはスタートしたのですが、その最初のデザインが男性の為のワンストラップシューズでした。(もう一つのデザイン、女性の為のオックスフォードシューズも想いが溢れてしまいますので別の機会に書こうと思います。)



最初の1足。型紙を一度切ってそれを無理やり靴にしました。いきなり裸足で履いて東羽衣の駅から南海本線に乗ったことを今でも思い出します。




その当時お作りさせていただいたお客様の靴。最初のものよりもソールにややボリュームがあります。パターンオーダーをしていた当時はこのバランスでお仕立てさせていただいていました。セクシー、、、



既成靴に転向し、昨年からお作りさせていただいている、大阪のブランド、BRUNABOINNE(ブルーナボイン)様とのダブルネームモデル。ベースにDELMONACOのワンストラップシューズを使いつつ、ラスト、ソール、マテリアルなど全てを新しくしています。独創的なお洋服を作り続けているブランドのデザイナーさんとの靴作りはとても刺激的でとても光栄でした。。こちらは現在もBRUNABOINNE様でご覧いただけます。



今回新たにDELMONACOからリリースする男性の為のワンストラップシューズです。パターンオーダーの時は絞ったラストに肉盛りをしつつドレスのディテールを込めてお仕立てしていたこともあり、色気があって素敵だな、と自画自賛します。新しく起こしたワンストラップシューズは対照的にボリュームのあるトウ、低めのヒール、ライニングは白に変えて、とても静か。。




そして男性の為のワンストラップシューズの再販のタイミングで女性の為のワンストラップシューズもリリースすることになりました。パターンオーダーの時は、途中から女性の方からお声がけいただくことが増えお仕立てさせていただいていたのですが、今回既成靴として初めて形にすることができました。男性に対してワンストラップシューズってちょっと違和感があっていいなと思うのですが、女性の為のワンストラップシューズってものすごく普通ですね、、、ただ女性の為のって言えるワンストラップシューズになったと思いますので是非お試しいただきたいと思います。




男性の為のワンストラップシューズと女性の為のワンストラップシューズは4/9~11のオープンアトリエよりご注文いただけます。(女性の為のオックスフォードシューズも!)初回は受注生産になります。(納期2カ月半程度)







全然関係ないのですが、大学時代オペラや映画を鑑賞するドイツ語の講師の方が運営するサークルにどっぷりつかっておりました。イタリアのヴェルディという作曲家のオペラが素人からして非常に心をつかまれておりました。滾っておりました。。その時ドイツ語の講師の方が日本酒を飲みながらヴェルディは全部同じだけど全部良いんだよなー、って言っていたのを大阪展を前日に控えたアトリエで思い出しました。全然関係ない。。作ってきたワンストラップシューズは全部良いのか分かりませんが全部好き。ということが言いたかっただけ。。。